HOME » 府民の方へ » 外国につながりをもつ子ども » サポーター研修

外国につながりをもつ子どもへの支援

外国につながりをもつ子どもとは?

両親または父母の一方が外国籍の子ども、日本人と再婚した親の連れ子として母国から来日している子どもなど、外国に何らかのルーツをもつ子どものこと。 日本国籍をもつ子どもでも、日本語能力や文化背景などが多様化しており、国籍だけで定義することができないことから「外国にルーツをもつ子ども」「多文化な背景をもつ子ども」「ミックスルーツの子ども」等の表現も使われている。

罫線

以下の取り組みは、H29年度 外国につながりをもつ子どものための居場所づくり支援事業の一環として実施しています。

H29年度 外国につながりをもつ子どもの学びを支える研修会 

dlatitle

※台風18号の接近により延期となりました。振り替え日につきましては、改めてHPでお知らせ致します。

日時、会場

[日 時] 2017年9月17日(日) 11:30-16:30 (11:00から受付開始)

[会 場] ガレリアかめおか 2階 和室研修室 (定員30名)

内容

「JSL対話型アセスメントDLA 」の実践方法を学ぶ ~「書く」を中心に~

小・中学校で、子どもが授業に参加するために必要な「学習言語能力」の発達状況を 対話を通して探る評価法DLA(Dialogic Language Assessment)について学ぶ。多文化共生の視点を取り入れた授業、教室づくりについて考える。

講師:櫻井千穂さん (同志社大学日本語・日本文化教育センター准教授)

※DLA (文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/003/1345413.htm

対象

外国につながりをもつ子どもの学習支援をしている方、関心のある方 教員、学校関係者、学習支援教室の指導者、日本語ボランティアなど

参加費

無料

申し込み先

Office Com Junto (オフィス コン ジュント)  担当:児嶋 
      
(1)名前 (2)TEL (3)Emailアドレス (4)所属団体又は居住市町村名 (5)子どもの支援経験 (内容、年数) をお知らせください。

0771-23-6579  
kiyomi-kojima[at]gaia.eonet.ne.jp  [at]を半角の@に変えてください

チラシ

「JSL対話型アセスメントDLA 」の実践方法を学ぶ ~「書く」を中心に~

主催、共催

[主催]
Office Com Junto (オフィス コン ジュント) 
(公財)京都府国際センター (075-342-5000
[共催] 亀岡国際交流協会

※この事業は、一般財団法人自治体国際化協会の助成事業により実施しています。

電話 お問い合わせ先

公益財団法人 京都府国際センター
〒600-8216  京都市下京区東洞院通七条下る東塩小路町676 番地 13
メルパルク京都 地下1階
Tel 075-342-5000 Fax 075-342-5050
開館時間 午前10時~午後6時
休館日 毎月第2・第4火曜日、祝日、年末年始 (12月29日~1月3日)