HOME » 外国人住民の方へ » 生活情報 » 電話・郵便・金融機関

生活情報 電話・郵便・金融機関

生活情報

国際電話 プリペイド式カード

ブラステルカード
 24時間均一料金で日本から世界中どこへでも利用できるリチャージ式国際電話のカード。
 コンビニやクレジットカード決済でリチャージができ、簡単に、固定電話・携帯電話・公衆電話から使えます。
 http://www.brastel.com/pages/eng/home/#location (HPは、英語をはじめ多言語で表示できます。)

国際郵便・小包

郵便局
赤い「〒」マークのあるところです。手紙や小包を出したり、切手を買ったり、お金を引き出したりできます。
一般郵便局の窓口は月~金曜日の午前9時から午後5時までですが、郵便局により受付時間は違います。
近くの郵便局へ聞いてください。

近くの郵便局・ATMを探す
 http://map.japanpost.jp/pc/ 

国際郵便の料金を調べる
 http://www.post.japanpost.jp/cgi-charge/  
 http://www.post.japanpost.jp/english/index.html (英語)

・外国人留学生べんりページ
https://www.post.japanpost.jp/int/ems/ryugaku/intl_student/

・お客様サービス相談センター
 http://www.post.japanpost.jp/question/contact_us/index2.html 

罫線

ヤマト運輸
日本国内、海外へ荷物を送ることができます。
・海外へ荷物を送るとき
http://www.kuronekoyamato.co.jp/services/purpose.html#pageAnc02 
http://www.kuronekoyamato.co.jp/en/(英語)

・国内へ荷物を送るとき
コンビニからでも送れます。また電話をかけて家までとりに来てもらうこともできます。

金融機関

一般的に使われているのは現金です。個人の小切手はほとんど使用されていません。国際的なネットワークを持つクレジットカードは多くの店で通用します。

銀行等の金融機関の利用方法

日本では銀行が、預金や送金、水道・電気・ガス等の公共料金の自動引き落とし、クレジットカードの代金支払いなどのサービスを行っています。これらのサービスを利用するにはまず普通預金の口座を作ります。

(1)口座を開く
銀行で預金口座を開く場合は、

・パスポートや在留カードなど身分を証明するもの
・印鑑(押印)かサイン

が必要です。手数料はかかりません。普通預金口座を開いた人には、お金の出し入れを記録する通帳とキャッシュカードが発行されます。

(2)キャッシュカードの利用
カードを利用すると窓口を通さなくても機械(ATM)で預金の払い戻しや入金ができます。カードで払い戻しする際には、銀行に登録した4桁の暗証番号を入力する必要がありますので必ず番号を覚えておきましょう。
銀行の窓口が閉まっている時でも、ATMは大きな駅やコンビニエンスストアなどにあります。キャッシュサービスコーナーの利用時間は、銀行により異なる場合があります。

各種口座自動振替の申し込み方法

請求された各種公共料金、電話料金、NHK受信料があなたの口座から自動的に支払われます。窓口にある口座振替申込書に記入します。その時、口座開設時に使用した印鑑(押印)またはサインが必要となります。契約番号が必要な場合があるので、それぞれの請求書または領収書を持っていきます。

電話 お問い合わせ先

公益財団法人 京都府国際センター
〒600-8216  京都市下京区東洞院通七条下る東塩小路町676 番地 13
メルパルク京都 地下1階
Tel 075-342-5000 Fax 075-342-5050
開館時間 午前10時~午後6時
休館日 毎月第2・第4火曜日、祝日、年末年始 (12月29日~1月3日)