HOME » 外国人住民の方へ » 生活情報 Q&A » 結婚・離婚

生活情報 Q&A(結婚・離婚)

結婚・離婚

  • ▶すべて開く
  • ▼すべて閉じる

Q  日本国内で、結婚手続きは、どのようにしますか?

A 

市区町村の役所に「婚姻届」を提出し、受理されると結婚が成立します。

CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/00-1.pdf

Q  日本人と外国人の結婚手続きは、どのように行いますか?

A 

日本人は日本の法律に定められた条件を満たし、外国人は本国で定められた条件を満たす必要があります。手続きは、日本の市区町村の役所に「婚姻届」を提出し、受理されると結婚が成立します。通常、外国人の本国でも手続きをします。

CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/00-1.pdf
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/01-2.pdf

Q  日本国内で、外国人同士の結婚手続きは、どのように行いますか?

A 

それぞれの外国人の本国の法律に従います。日本の市区町村で手続きすることもあります。通常、本国にも手続きをすることになります。
 
CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/00-1.pdf
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/01-2.pdf

Q  外国人が日本人と結婚した後、どのような手続きが必要ですか?

A 

日本人の配偶者として日本に在留を希望する場合、入国管理局に在留資格変更許可申請をします。また、結婚後に名前の変更があった場合は、入国管理局に在留カードの記載事項変更届出をします。その他、結婚にともなって各種手続きが必要になる場合があります。

CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/03.pdf
法務省(手続き)
 http://www.moj.go.jp/tetsuduki_shutsunyukoku.html

Q  日本人と結婚したら、どのような在留資格になりますか?

A 

日本人との結婚手続きが完了し、現在の在留資格から「日本人の配偶者等」に変更することを希望する場合、入国管理局に「日本人の配偶者等」への在留資格変更許可申請をします。

法務省(手続き)
 http://www.moj.go.jp/tetsuduki_shutsunyukoku.html
CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/01-2.pdf
CLAIR(在留資格)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/b/01.pdf

Q  結婚・離婚の手続きについて、どこで相談できますか?

A 

日本で結婚する(結婚した)場合は、市区町村の役所や法務局にお問い合わせください。本国に届けを出す(出した)場合は、大使館や領事館にお問い合わせください。
また、自分で手続きをするのが難しいなど専門家に相談したい場合は、行政書士等の専門家にご相談ください。

京都府行政書士会
 http://www.kyoto-shoshi.jp/

※相談窓口
京都市国際交流協会(kokoka)(法律相談)
 http://www.kcif.or.jp/
法テラス
 http://www.houterasu.or.jp/kyoto/
京都弁護士会
 http://www.nichibenren.or.jp/

※参考
CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/index.html

Q  離婚手続きは、どのようにしますか?

A 

当事者の国籍によって、適用される法律が異なります。専門家等にご相談ください。

CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/00-2.pdf
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/02-1.pdf

Q  日本人配偶者と離婚したら、在留資格を失いますか?

A 

「日本人の配偶者等」の在留資格の場合、離婚したら14日以内に、入国管理局に届けを出さなければならない場合があります。その後も日本での生活を希望する場合、在留資格の変更が認められる場合があります。詳しくは、専門家等にご相談ください。

CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/02-1.pdf
法務省(手続き)
 http://www.moj.go.jp/tetsuduki_shutsunyukoku.html

Q  離婚後、子どもの親権や養育費について、どのように決めますか?

A 

話し合いで決まらない場合は、裁判所で決めることもあります。

CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/00-2.pdf
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/02-2.pdf

Q  もとの配偶者の許可を得ることなく、子どもと帰国してもいいですか?

A 

もとの配偶者の承諾なしに、勝手に子どもを国外に連れ出すことは好ましいことではありません。誘拐罪になることもあります。

CLAIR(結婚・離婚)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/c/02-2.pdf

Q  国際離婚について、相談できるところはありますか?

A 

関係機関が、面談や電話により、相談窓口や法制度の情報を提供します。無料です。
また、弁護士・司法書士による法律相談が必要な方で、経済的に余裕のない場合には、民事法律扶助による無料法律相談も行っています。

法テラス
 http://www.houterasu.or.jp/
・法テラス サポートダイヤル(日本語・英語)
 TEL 0570-078374 
 平日:9:00-21:00、土曜日:9:00-17:00 (土日及び祝日・年末年始は休み)
・法テラス京都
 TEL 0503383-5433
 平日 9:00~17:00、土日及び祝日・年末年始は休み(日本語)
 〒604-8005 京都市中京区河原町通三条上る恵比須町427 京都朝日会館9F
・法テラス福知山
 TEL 0503383-0519
 平日 9:00~17:00、土日及び祝日・年末年始は休み(日本語)
 〒620-0054 福知山市末広町1-1-1 中川ビル4F

※その他の相談窓口
京都市国際交流協会(kokoka)(法律相談)
 http://www.kcif.or.jp/
京都弁護士会
 http://www.nichibenren.or.jp/

Q  DVの被害者です。どこに相談したらいいですか? 外国人被害者に対する支援は、ありますか?

A 

京都府では、次のところで相談、支援を行っています。

京都府家庭総合支援センター
 http://www.pref.kyoto.jp/kateisien-sogo/index.html
京都市DV相談支援センター
 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000108458.html
 (京都市DV相談支援センター 中国語と英語の行政通訳サービス)
 http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/cmsfiles/contents/0000098/98793/gyosei_tsuyaku0917.pdf

※その他の相談窓口
京都市国際交流協会(kokoka)(法律相談)
 http://www.kcif.or.jp/
法テラス
 http://www.houterasu.or.jp/
法テラス サポートダイヤル(日本語・英語)
 TEL 0570-078374 平日:9:00-21:00、土曜日:9:00-17:00
京都弁護士会
 http://www.nichibenren.or.jp/

Q  DVについて、外国語で相談できるところはありますか?

A 

はい、あります。こちらのリストを見てください。

CLAIR(相談)
 http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/q/04.pdf

※その他の相談窓口
京都市国際交流協会(kokoka)(法律相談)
 http://www.kcif.or.jp/HP/jigyo/sodan/jp/horitsu/law_visa.html
法テラス
 http://www.houterasu.or.jp/
法テラス サポートダイヤル(日本語・英語)
 TEL 0570-078374 平日:9:00-21:00、土曜日:9:00-17:00
京都弁護士会
 http://www.nichibenren.or.jp/

電話 お問い合わせ先

公益財団法人 京都府国際センター
〒600-8216 京都市下京区東洞院通七条下る東塩小路町676番地13
メルパルク京都 地下1階
Tel 075-342-5000 Fax 075-342-5050
開館時間 午前10時~午後6時
休館日 毎月第2・第4火曜日、祝日、年末年始 (12月29日~1月3日)