HOME » 市町村の方へ » 国際交流員の派遣

国際交流員の派遣

国際交流員の派遣

フランス出身のマルタン ベールが、国際交流員としてフランスの文化や社会について紹介する講座など、府民との交流事業を行います。府内の市町村、市町村国際化協会、学校等でも、出前講座を行います。

国際交流員(CIR)自己紹介

Martin BAER
みなさん、こんにちは。 京都府国際センター国際交流員のマルタン ベールです。
出身はフランスのディジョンですが、ディジョン市はフランス中部に位置し、ワインで世界的に知られているブルゴーニュ州の州都です。パリから電車で1時間半、12世紀から15世紀にかけて建てられた半木造の建物が立ち並ぶ街です。

お勧めはユニークな雰囲気がある賑やかな市場です。ディジョンは遠いと感じる方々がいらっしゃると思いますが、地域の名物であるディジョンマスタードは日本のスーパーでも売られていますので、是非食べて、ディジョンを初体験してみてください。

私が日本に興味を持ち始めたのは大学院時代です。日本語の響きに気に入り、トゥールーズ政治学院で政治学を学びながら趣味として漢字練習をし始めたのです。そして、2012年の夏に初めて日本の地を踏んで、東京から鹿児島にかけて一ヶ月半の旅行をし、そこで日本人のおもてなしと優しさに触れることが出来ました。

この経験をきっかけに、日本のことや東アジアのことをもっと知りたいという思いで、リヨン高等師範学校とリヨン政治学院が提供する、現代東アジアマスターコースへ進学しました。 それから、交換留学生として2013年から2014年まで日本に滞在、明治大学で日本の教育制度の課題を研究し、卒業論文を書きました。それがきっかけで30校以上を訪問し、先生や生徒達などと話し合ったり遊んだり、文化祭に参加したりし、素晴らしい思い出をつくることができました。

フランスに戻ってからは、フランスを代表するものと言えるワインの勉強をし、インターンとしてサントリーグループで経験を積んできました。

なかなかフランスのことを学ぶチャンスがない日本で、京都に住む子供達にも大人達にも知ってもらうために、フランスの基礎知識 (地理、観光地、教育制度、日常生活等) またはワイン入門、言語入門、子供向けのゲーム等、様々なテーマをご紹介できますので、是非ご依頼をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

派遣依頼の方法

派遣を依頼される場合は、お電話にてお問い合わせください。
TEL: 075-342-5000 (事業課)

依頼内容、日程について確認後、派遣が可能な場合は、派遣依頼をご提出頂きます。

国際交流員による過去のイベント報告

 国際交流員による過去のイベント報告をご覧いただけます。
京都府国際交流員共同ブログ  多文化京(共)生 in 京都府

電話 お問い合わせ先

公益財団法人 京都府国際センター
〒600-8216  京都市下京区東洞院通七条下る東塩小路町676 番地 13
メルパルク京都 地下1階
Tel 075-342-5000 Fax 075-342-5050
開館時間 午前10時~午後6時
休館日 毎月第2・第4火曜日、祝日、年末年始 (12月29日~1月3日)