支援者研修

外国につながりをもつ子どもとは?

両親または父母の一方が外国籍の子ども、日本人と再婚した親の連れ子として母国から来日している子どもなど、外国に何らかのルーツをもつ子どものこと。 日本国籍をもつ子どもでも、日本語能力や文化背景などが多様化しており、国籍だけで定義することができないことから「外国にルーツをもつ子ども」「多文化な背景をもつ子ども」「ミックスルーツの子ども」等の表現も使われている。

罫線

以下の取り組みは、令和元年度 外国につながりをもつ子ども・保護者のための居場所づくり支援事業の一環として実施しています。

令和元度 外国につながりをもつ子どもの学びを支える研修会

「やさしい日本語を使った子ども・保護者とのコミュニケーション」

日時・場所

2019 年 8月3日 (土) 13:30 〜 16:00

ガレリアかめおか 2階 大広間 
http://www.galleria.or.jp/access

内容

外国につながりをもつ子ども・保護者とのコミュニケーションツールの一つとしての「やさしい日本語」について学びます。

【1.講演】
「やさしい日本語」を使う目的
授業理解と保護者への情報提供のための 「やさしい日本語」実践例罫線

【2.ワークショップ】
やさしい日本語を使って保護者へのお知らせ文を作ります。罫線

講師

中山 美紀子 さん
京都市立春日丘中学校・日野小学校日本語教室担当。
初期日本語指導、巡回指導など学校での日本語・適応指導、保護者支援を行っている。 

対象

教育関係者、外国につながりをもつ子ども・保護者の支援者、関心のある方どなたでも

参加費

無料

申し込み先

(公財)京都府国際センター

件名「やさしい日本語研修」
1.名前 2.TEL 3.所属団体又は居住市町村名  4.子どもの支援経験 ( ある場合、内容と年数) をお知らせください。 

kodomo[at]kpic.or.jp    [at] -->半角の@

チラシ

やさしい日本語を使った子ども・保護者とのコミュニケーション

主催、共催等

[主催]  (公財)京都府国際センター(TEL: 075-342-5000) 、Office Com Junto(オフィス コン ジュント) 
[共催]  亀岡国際交流協会
[後援]  京都府教育委員会、亀岡市教育委員会