災害時外国人サポーター研修

 “地震大国”日本に暮らす私たちは、幼稚園や小学 校の頃から繰り返し防災訓練を受けているので、“地 震が起こればどう行動すればよいか”よく知っています。しかし、外国籍府民の場合は“今まで大きな地震 を体験したことがない”、“防災訓練に参加したことが ない”という人がほとんどです。  

 また、災害時には行政等から大量の情報が発信され ますが、それらは日本語で書かれ、しかも難しい専門用語を含んでいるため、大多数の外国籍府民には理解できません。それらの情報を知らないことで生死にかかわる事態に陥ったり、結果として不利益を被ったりする場合もあります。

 さらに、外国籍府民に特有の問題 (パスポートやビザなど)についても、どこ(誰)に相 談してよいか分からず、また発災当初は電話やイン ターネットなどの通信手段も制限されるため、さらに 不安が膨らむこととなります。 災害時には、日本語に不安のある外国籍府民の方を 災害弱者にしないための支援が必要となります。
 上記のような背景を踏まえ、外国籍府民を対象とした防災オリエンテーションや防災訓練、サポーターを対象とした研修や訓練を実施しています。

災害時外国人サポーター講座

日本で大規模災害が起こった場合、外国から来た人達は防災についての基礎的な知識がなく、また、言語がわからない等の理由によって、災害弱者となってしまう可能性があります。災害発生時には、外国人住民の方々に、言語等によるサポートができる人材は今後、より重要になってきます。

少しでも多くの方に、災害時にどういったサポートが外国人住民にできるかを知ってもらい、また、サポートスキルの身につけ方を学んでもらうことを目的に、「災害時外国人サポーター」講座を開催します。

外国人支援やボランティア活動に関心のある方の積極的な参加をお待ちしています。

〈第1回〉日時・場所

2022年6月25日(土)14:00~17:00 *受付は13:30から
場所:京都市国際交流会館 kokoka 前庭・特別会議室
(京都市左京区粟田口鳥居町2-1)
参加費:無料
定 員:50名(先着順。定員になり次第締切ります)
場 所:kokoka 京都市国際交流会館 特別会議室

内容

第1回目のサポーター研修は
京都市国際交流協会(kokoka)の行うkokokaの防災訓練と合同で実施いたします。

防災訓練では外国人参加者の方々も参加されますので、一緒に防災訓練・体験をしていただきます。
講演ではベトナム出身で阪神淡路大震災の被災経験のある、
ハ ティ タン ガさんのお話を伺い、グループワークもしていただきます。
皆さま、是非ご参加ください。

★スケジュール
14:00~ 開会(特別会議室)
14:10~ 消防署による起震車による大揺れ体験、初期消火、応急処置体験
15:30~ 神戸市定住外国人支援センターのベトナム語生活相談員ハ ティ タン ガ氏による
講演とワークショップ
17:00  終了

★イベントチラシ:
https://www.kcif.or.jp/web/uploads/pdf/220625_bousai.pdf

★ご参加いただける方は、6月15日(水)までに、下記URLのフォームよりお申し込みください。
https://business.form-mailer.jp/fms/facf8239170366

★感染対策に留意しながら、イベント全体の定員を50名に設定し、先着順で受け付けております。
 定員になり次第締切りますので、ご了承ください。

*感染症対策に留意しながら開催いたします。
*当日はマスクでのご参加をお願いします。
*開催時期に発熱や体調不良になられた場合は参加できません。
 キャンセルの場合は事前にご連絡ください。
*イベントが変更や中止になる場合があります。

ご不明な点などございましたら、気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

罫線