外国につながりをもつ子どもと保護者のための居場所づくり

2019度 外国につながりをもつ子どもと保護者のための居場所づくり支援事業


外国につながりをもつ子どもや保護者のための「地域における居場所づくり」を促進するために、地域の日本語教室、学習支援教室、子育てサークルなどの取り組みを支援します。

 外国につながりをもつ子どもと保護者のための居場所づくり支援事業チラシ

対象期間

2020年3月31(火)までに終了する事業

対象団体

府内の国際交流協会、日本語教室、学習支援教室、外国につながりをもつ子どもに関わる取り組みを行っている(/行う予定の)非営利団体、その他、当センターが適当と認める団体

※京都市内の団体においては、府域にモデル事業として普及できるような活動内容に限ります。

活動内容

1.京都府内に在住し、日本語、教科、母語の学習支援を必要とする外国につながりをもつ子ども(保護者含む)への支援を基に、彼らの地域における居場所づくりに資する活動を行うものであること
2.非営利の活動であること
3.参加者の広報は、公開により広く行われていること

罫線

【居場所づくりのための活動例】

・日本語学習 (就学前の子ども対象、来日直後の子ども対象など
・教科学習  (長期休みの宿題、進学のための集中学習など)
・母語学習  (絵本の読み聞かせ、母語教室の開催)
・先輩から受験や高校、大学生活の体験談を聞くイベント
・日本の文化、習慣を学ぶだけにとどまらない、参加者である保護者や子どもも主体的に取り組めるような双方向の交流を意識したイベント
・取り組みを実施するための外部講師を招いての勉強会等

過去の活動例

以下のページをご覧ください。
https://www.kpic.or.jp/kodomo/siensya_kensyu/report.html

支援内容

事業内容に応じて、申請団体と相談の上決定し、共催事業として取り組みを行う。

問い合わせ先

(公財)京都府国際センター (075-342-5000